心に残る1つの詩

カムチャッカの若者がきりんの夢を見ているとき 

メキシコの娘は朝もやの中でバスを待っている 

ニューヨークの少女がほほえみながら寝がえりをうつとき 

ローマの少年は柱頭を染める朝陽にウィンクする 

この地球ではいつもどこかで朝がはじまっている 

ぼくらは朝をリレーするのだ 

経度から経度へと 

そうしていわば交替で地球を守る 

眠る前のひととき耳をすますとどこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる 

それはあなたの送った朝を誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ 


谷川俊太郎 



昔、なにかのCMで使われてた谷川俊太郎さんの詩。 
最近mixiにて、たまたま足跡を残してくれた見知らぬ方のプロフィールに引用されてて、思い出した。 
この詩は本当に良い詩。読んだ後にすごく暖かい物が芯に残る感じ。テンポも好き。 
何となく残しときたかったので日記に書かせていただきました。