記憶の景色

 

そこにあるのに気付かない。

 

気付いた時には色あせる。

 

心に残ったその景色は誰もが見ていて誰も知らない。